デジタル派?アナログ派?まずは表示方法を選ぼう!

置き時計を購入しようと思った時に、想像以上に商品の数が多くて悩んでしまったことはありませんか?実用的かつインテリアとしても重要な置き時計は、さまざまなメーカーが商品を開発しています。もし、そんな置き時計を購入する際に悩んでしまったら、まずは「デジタル」か「アナログ」かを決めると良いでしょう。それを決めるだけでも、購入する置き時計の方向性が見えてきます。

もし、視認性を重視するのなら、デジタル式の置き時計を選んだ方が無難です。デジタル式だと液晶に時刻が数字で表示されるので、パッと見ただけで現在の時間を知ることが可能です。逆にアナログ式の置き時計は視認性は劣るものの、文字盤の表記がアラビア数字だったりローマ数字だったり、デザインに幅があります。そのため、お部屋の雰囲気や自分の好みに合わせて時計を選ぶことが可能です。

置き時計はどこで使うかも重要な判断基準!

置き時計は壁掛け時計と違い、どこにでも置けるコンパクトさが魅力の時計です。そんな置き時計を購入する際には、置き時計を使用するシチュエーションを考えることも重要になります。例えば、寝室で使うのなら暗い部屋でも時刻を確認出来る夜光機能が付いていたり、目覚ましとして使えるアラーム機能が付いているものを選ぶのが最適です。もし職場のデスクの上での使用を検討しているのなら、オフィスの雰囲気に合うようなフォーマルな印象のある置き時計を選びたいところです。また、カレンダー機能が付いている置き時計だと、便利に使えるかもしれません。このように置き時計を購入する際には、どのようなシチュエーションでどんな目的で使用するのかをあらかじめ考えておくことで、買った後で後悔することが少なくなります。